無水カフェイン

カフェイン分子構造無水カフェインは、一般消費者向けの総合感冒薬に用いられることが多い成分です。

プリンアルカロイドの一種です。

作用

鎮痛作用、覚醒作用が主たる作用です。このほかに、脳細動脈収縮作用、利尿作用があります。

肉体疲労は、痛みが伴っているので、鎮痛作用がはたらくと、一時的に肉体疲労が改善されたように感じるため、無水カフェインはドリンク剤に多く含まれています。

また、覚醒作用があるため、眠気を取ることができます。
 

カフェインの鎮痛作用
カフェインを摂取すると、脳血管への収縮作用がおこり、この結果、頭痛などの鎮痛につながります。

しかし、カフェインが切れると、脳血管の収縮作用はなくなり、結果、脳血管は拡張する。この状態では、頭痛が生じます。

特に長期間カフェインを取り続け、突然止めた場合の、頭痛は酷くなります。

ドリンク剤に無水カフェインが十分に含まれるのは、この鎮痛作用を目的としています。鎮痛作用は、脳の疲れや頭痛、筋肉痛などの痛みを和らげるので、結果として、疲れが取れたと感じます。
 

副作用

不眠
副作用があり、長期服用で、不眠、めまいを生じます。

頭痛
また、長期服用の場合、離脱作用(禁断症状)で、24時間前後摂取しないと、「頭痛」をおこすことがあります。

骨粗しょう症
カフェインを過剰に摂取すると、骨密度の低下を招きます。

カフェインの禁断症状
カフェインの体内での半減期は約4.9時間です。

カフェインの禁断症状は一般的に服用をやめてから12~24時間後に始まり、20~51時間後に最も強くなり、2~9日間も続きます。

日常的にコーヒーやドリンク剤を飲む習慣がついてしまった場合は、禁断症状がでることがあります。

 

無水カフェインとカフェインの違い

無水カフェインはカフェインと基本的な作用は同じですが、人工的に生成(抽出)した不純物を含まないものが無水カフェインです。

無水カフェインの化学式は、 C8H10N4O2 です。通常のカフェインは C8H10N4O2 と H2O がくっついたものが飲料としてのカフェインです。

カフェインは、飲料として摂取することが多く、ご存知の通り、コーヒー、コーラ、緑茶、紅茶などの多くの飲料に多く含まれています。

ドリンク剤に入っているのは、無水カフェインで、総合感冒薬に入っている成分と、同じものが入っています。ドリンク剤、総合感冒薬無に無水カフェインを含めているのは、鎮痛作用があるためです。
 

ぶっちゃけ無水カフェインは体にいいの?

適量であれば、一時的に眠気をとったり、疲れを感じなくなったりするので、使い方次第です。

取りすぎると、カフェインは神経毒性があるので、死に至ります。

一般的には、5~10グラムが致死量です。つまり、5~10グラムで死んでしまうので、カフェインを取った方が良いか、取らない方が良いかと言われれば、プラス材料、マイナス材料ありますが、ぶっちゃけ取らない方がいいですし、体に良いかと言われれば、ぶっちゃけ悪いです!

カフェインを与えられたクモのクモの巣
 

たとえば、こんな小さな生物にカフェインを与えると、完全にぶっ壊れちゃいます。

クモにカフェインを与えると、カフェインを与える前は、ちゃんとキレイなクモの巣を作れていたクモが、クモの巣を作れなくなって、こんな、ボロボロのクモの巣になってしまいます。

 

カフェイン中毒

急性のカフェイン中毒になった場合、カフェインに対する、解毒剤、拮抗薬、血清など、解毒・中和する有効な方法がないので、時間が経過するのを待つしかありません。飲んだ直後なら、胃洗浄が有効です。

オーバードーズの経験がある方には、胃洗浄はなじみ深いお友達ですね。

あれも、ぶっちゃけ、キッツイので、あまりヤリタクはないです。間違っても、カフェイン飲んで死んでやろうとか考えないでくださいね。

 

どうでもいいですよ・・・残念なわたしのはなし。( ;∀;)

これは、医者に確認してみないと正確にはわからないのですが、致死量が最小の5グラムだとすると、アリナミンV には、無水カフェインが 50mg 含まれているので、100本飲めば死ねるということになります。

普通に、薬局で、アリナミンVを5ダースくらいまとめ買いをしているので、10ダースでも売ってくれると思います。
 

アリナミンV は、1日1本と書いてありますが、私は、最盛期には、3本は飲んでいました。100本くらいは、たぶん、普通に飲みきれる量だと思います。死ななくても、急性カフェイン中毒で、十分危険な状態になれるでしょう。

若いころ、フラレタ勢いで、ロヒプノールを100錠くらい一気のみしたことがあります。

ロヒプノールは米国では麻薬していされている、サイレースと並ぶ世界最強の睡眠薬です。最悪なことに、彼のマンションまでタクシーで行って、マンションの前で、彼の名前を叫んでいたそうです。記憶にはありません。

彼が見つけてくれなければ、死んでいたそうです。すぐに救急車で運ばれ、胃洗浄をした結果、事なきをえました。
・・・その後、彼とはよりは戻ったのですが、結局、破綻しまた。( ;∀;)

このエントリーをはてなブックマークに追加